backnumber
No.1618
2005/06/22
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集① 大手商社
「機械部門」の活動状況と今後の営業戦略

好業績を背景に、事業買収など収益基盤拡充に乗り出す各社

◇純利益500億円を突破し、2期連続で最高益を更新した三菱商事・機械グループ
◇400億円をベースに右肩上がりの収益モデル構築を目指す商事
◇相次ぐ発電事業の買収など収益基盤拡充を図る三井物産・機械部隊
◇キリウの買収など自動車の事業型案件に参入する住友商事の輸送機・建機事業部門
◇EPCとIPPを両輪に収益拡大を図る住商・機電事業部門
◇効率経営で念願の純利益100億円を達成した伊藤忠商事・機械カンパニー
◇海外のプロジェクト関連を集め、シナジー発揮を目指す丸紅の電力・プラント部門
◇航空機のエンジンプロジェクトが収益に貢献する丸紅・輸送機部門
◇中国自動車事業推進室を設置し、自動車ビジネス強化を図る双日の機械・宇宙航空部門
◇筋肉質な収益構造になったことで、攻めの展開に舵をきったトーメンの機械部隊

表1   大手商社「機械部門」の05/3期連結業績 
表2   大手商社「機械部門」の05/3期単体業績 
表3   大手商社「機械部門」の05/3期主要商品別売上高(単体ベース) 
表4   大手商社「機械部門」の人員(最近時) 
表5   大手商社「機械部門」の主要な関係会社
☆「親会社への利益3割還元策がうまくいきました」という三菱商事の執行役員
☆「総合商社はあらゆる火種を消さないことが大事です」と話す住友商事の副社長
☆「どういうわけか、うちには阪大が来ませんねぇ」という三井物産の代取専務
Information
  • ◆消費税率引き上げに伴いまして、2019年10月から期間開始する購読料金を改定させていただきます。
  •  年間購読料=¥198,000(税込み)  半年購読料= ¥99,000(税込み)
  • ◆「大手商社の比較経営分析2019年版」発売中。
  • ◆「大手商社の関係会社ハンドブック(国内編)」2020年1月末~2月初旬 発売予定。