backnumber
No.1676
2006/09/06
ご注文はこちら
Theme

商品部門特集⑪ 大手商社
「新営業部門」の活動状況と今後の重点施策(後)

金融事業、物流事業、保険事業などの動きをみる

◇ 高収益を持続し、商品投資顧問事業にも乗り出した三井物産・金融市場本部
◇ エム・ヴィー・シーの体制を拡充しファンド事業を強化する物産・金融市場本部
◇ BRICsと中東でグローバルネットワークを拡充する物産の物流本部
◇ 保険・リスクマネジメントで業容を多角化し、物流・金融機能融合で物流REITに注力する物産・物流本部
◇ オリコとの新規事業が進展しリテール事業が拡充する伊藤忠商事の金融部門
◇ ヘッジファンドの多様化、主体的なPEファンド組成などで収益基盤の拡充を進める伊藤忠・金融部門
◇ アライアンス戦略で中国・アジアの物流強化を図る伊藤忠・物流部門
◇ 海上保険の好調と事業会社群の業績拡大で市場最高益を達成した伊藤忠の保険部門
◇ コモディティビジネスと金融事業を強化する住友商事の金融・物流事業部門
◇ 国内物流子会社3社を統合しワンストップの対応を強化した住商の金融・物流事業部門
◇ ファンド事業が拡大し、自己勘定投資にも乗り出した丸紅の金融・物流・新機能部門
◇ 国内物流ソリューション事業と中国物流事業を強化する丸紅の金融・物流・新機能部門
◇ ビジネスサポートとライフケアなど業容を拡大した丸紅の金融・物流・新機能部門

表1  大手商社「新営業部門」の06/3期連結業績
表2  大手商社「新営業部門」の人員
表3  大手商社「新営業部門」の主要な関係会社  
○ 主要分野の業績を拡大する双日ロジスティクス
☆ インフラを対象に「新規金融ビジネス」を立ち上げた三菱商事の機械グループ
☆ ダイエー再建策の一環で「省エネ」に注力する丸紅の電力部門
☆ 「個人情報保護法ができてつまらないね」という住友商事の中井戸副社長
Information
  • ◆消費税率引き上げに伴いまして、2019年10月から期間開始する購読料金を改定させていただきます。
  •  年間購読料=¥198,000(税込み)  半年購読料= ¥99,000(税込み)
  • ◆「大手商社の比較経営分析2019年版」発売中。
  • ◆「大手商社の関係会社ハンドブック(国内編)」2020年1月末~2月初旬 発売予定。