backnumber
No.1702
2007/03/21
ご注文はこちら
Theme

大手商社の投資戦略と投資先の選別・管理手法(後)

投資戦略の進捗状況、投資基準、決裁機関、フォローアップ、EXITルール

◇ 06年度・07年度の2年間で重点4分野に8000億円の投資を計画する三井物産
◇ コーポレート部門と担当営業部が密接に連携して事業投資先のフォローを行う物産
◇ TBCの買収1300億円を筆頭に事業投資を積極的に推進する住友商事
◇ 黒字の事業投資先でも3期連続で一定額以下の場合はEXITの対象となる住商
◇ 資源確保など重点3分野に3000億円の投融資を実行する双日
◇ リスク管理部が案件の副申作成と投融資審議会での説明を行い、客観性を持たせる双日
◇ 1200~1500億円の投資計画で自動車6割・非自動車4割を設定する豊田通商

表  大手商社の事業投資の審議機関・専門組織・投資基準・管理手法
○ 大手商社の07年度・執行役員昇格者の年齢、出身校、出身部門などを分析
○ 自動車の組立製造や航空機の代理店など存在感を発揮する「機械・宇宙航空部門」~双日
☆ 亀崎氏などの政府系企業への転出で「高度人材派遣会社」になったという三菱商事
☆ イオンとの資本提携で、ダイエーの確実な再建・小売事業分野の強化を狙う丸紅
☆ ゴールデン・ウィーク前に06年度連結決算を一斉に発表する大手商社
Information
  • ◆大手商社の「海外関係会社ハンドブック2019年版」・大手商社の「国内関係会社ハンドブック2019年版」・ブレーンズ合本版2018年版(平成30年版) 発売中。
  • ◆大大手商社 組織図と担当役職員録2019年版 8月中旬発売予定。