backnumber
No.1730
2007/10/17
ご注文はこちら
Theme

地域特集⑤
大手商社のASEAN地域での活動状況(前)

広域運営体制と商品部門制で横と縦の融合による域内展開の拡大を目指す各社

◇ 資源と有力パートナーとのアライアンス展開に重点注力する三菱商事
◇ インドネシアとマレーシアでさらなる資源・エネルギー事業の強化を図った商事
◇ 輸出で国内販売の落ち込みをカバーしたタイのいすゞ自動車事業~商事
◇ 化学品を強化するベトナム、有力パートナーと提携戦略を推進するフィリピン~商事
◇ アジア総支配人を導入し、アジア域内の横断的な展開を目指す伊藤忠商事
◇ シンガポールやベトナムの駐在員を増強し新規ビジネスの開拓に注力する伊藤忠
◇ アジア通貨危機後、初の大型IPP案件をインドネシアで獲得した丸紅
◇ フィリピン最大のIPP事業持株会社の株式を東京電力と共同で取得した丸紅

表1-A  大手商社のASEAN各国の売上高・主力商品と人員
表1-B  大手商社のASEAN各国の売上高・主力商品と人員
表2    大手商社ASEAN各国の主な事業会社
○ 2010年度に総資産1兆円、純利益300億円を目指す伊藤忠商事・機械カンパニー
☆ 船舶、自動車などが好調で期初予想利益を大きく上回る三菱商事の機械グループ
☆ 「食料は川中、川下から再び原料の川上へ人を投入する」と言う三井物産の伊藤専務
☆ 今年になって「日本政策投資銀行総裁」と「2人の外国大使」を輩出した伊藤忠商事
Information
  • ◆大手商社の「国内関係会社ハンドブック2019年版」・ブレーンズ合本版2018年版(平成30年版) 発売中。
  • ◆大手商社の「海外関係会社ハンドブック2019年版」 4月下旬発売予定。