backnumber
No.1751
2008/03/26
ご注文はこちら
Theme

大手商社のコーポレート・ガバナンス(後)

経営と執行の分離をより明確にしてガバナンス体制を充実させる各社

◇ 米国市場に上場することや不祥事の反省から内部統制に早期に対応した三井物産
◇ 早期に経営と執行の明確な分離を行い、ガバナンス原則を明文化した物産
◇ 03年に5つの改革でガバナンスの体制を整備し、原則をいち早く制定した住友商事
◇ 部門制に相応しい経営形態として代表取締役執行役員が部門長を兼務する住商
◇ 05年より社外取締役を選任し、より経営の透明性向上を進めた丸紅
◇ 4月の組織改編で内部統制委員会を発足させるなど一層のガバナンス強化を図る丸紅
◇ 本部長は取締役が就き、執行役員は本部長補佐として業務に専念する体制の豊田通商
◇ 経営会議はないが副社長会、本部長会議、執行役員会議で全社の意思疎通を図る豊通

表  大手商社の経営機関・諮問機関
○ 大手商社の08年度・執行役員昇格者の年齢、出身校、出身部門などを分析
☆ 海外分掌役員の新設と海外に派遣する役員を増員し、海外の布陣を強化した伊藤忠
☆ 限定的ながら業績の下ブレ要因も懸念される大手商社の為替レート
☆ 買収したニチメンの特殊鋼事業をベースに収益基盤を拡充する住商の金属事業第三本部
Information
  • ◆大手商社の「海外関係会社ハンドブック2019年版」・大手商社の「国内関係会社ハンドブック2019年版」・ブレーンズ合本版2018年版(平成30年版) 発売中。
  • ◆大大手商社 組織図と担当役職員録2019年版 8月中旬発売予定。